ものづくりの仕事

 

 ものづくりの仕事をして、毎日ごはんを食べていけている事は10年前の自分を思えば奇跡だと思う。
VSNY1867 のコピー
 大学4年のとき、就職活動をしてもどこにも受からなかった。
 その時に、自分は洋服を作って生きていく事が出来ないんだ。。と、絶望的な気分になった。
 服作りが大好きなのに、どこにも自分の居場所がない気がした。
 パリ留学から帰って来て、運良く見つけた仕事は、自分にとって願っても無い仕事だと思った。
 好きな服のカタチを作って提案する。
 簡単なようで、これがまた難しい。
 自分がいいと思っても、ボスが気に入らないと商品にならない。
 最初の3年くらいは、1週間やっても1型も出来ない日が続いた時もある。苦しかった。逃げたかった。
 でも4年、5年と続けるうちに、最初に苦しんだ分、デザインのカケラが引き出しに溜まっていき、それをヒントにデザイン出来るようになった。
 今でも全くダメな日もあれば、1日で何型も思いつく日もある
誰かが言っていた。
量が質を生む
もうでない、、、、
そう思ったその先にいい答えがある。
緊張していないものに、人は感動しない。
緊張感が人を惹き付けるのだ。って。
私は、こう考える事にしている。
失敗するのは、チャレンジした証。
チャレンジするのは、やっぱり勇気がいる。
失敗から学ぶ事で、ひとつづつ積み重ねて商品を作ってきた。

 

売れるか、売れないか私にはわからないけど、中途半端になるくらいなら思い切り振り切れ!そう思って、作ってきた。
誰とも違う、ステキな服を喜んでくれる人に届けたいと思って作ってきた。
それが一番のわたしの強みだと思いたい。
そんな思いで、もの作りを続けていきたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です